アベル2007

アベル2007

フルチョというもの

34番をフルチョしてお迎えしたのは2007年らしいです。(いにしえのブログに書いてありました)
私がフルチョをやろうとしたきっかけは、ドーリィドーリィの特集だった気がします。
SDのフルチョシステムで自分の理想の子を作れると知り、親にせがんで京都に行かせてもらいました。
資料はワンオフスカセシの画像と、自分で描いた絵だったはず…
私にとってドールメイクは未知の領域だったため、表情を指定できるだけで夢のようでした。
かっこよくて可愛い子。微笑んでいる子、とオーダー。好みは今でもブレませんね…
写真はピンボケですが、当時学生だった私にとっては上手く撮れたと思っていたものなので、さすがに写真技術は向上していますね。

アベル2019

今ではドールメイクもやるようになり、その練習台になってくれた34番くん。
雑な部分もありますが、雰囲気が大好きな子になってくれました。

関連記事一覧