シアンのお迎えから今まで。

シアンのお迎えから今まで。

シアン(F-9)について。

SDを知ったのは2004年頃その当時ネット上で遊んでいた中学生の子に教えてもらいました。一目ぼれしたのは「遠夜」でした。
なんてカッコいいのか! どうしてもこの子が欲しい、と調べてみると限定ということで購入することはできなかったです。
その頃からSDが欲しいなぁと思い、どうやったら購入(お迎え)できるのかとたくさん調べていくと「フルチョイス」というものがあることを知り、お友達と一緒に長電話しながらああでもない、こうでもないと話して、じゃあミニSDなら一人お迎えできるかなぁ?と決めました。
その頃ちょうど、原宿の天使のすみかがプレオープンのころで、フルチョカウンターに連れて行ってもらい、仮組をしたのがミニ9番です。
私の第一印象は「思ったよりも大きい、重い」でした(笑)
でもいろんなパーツを合わせていき、パーフェクトカタログ2のミニ9番のサンプル写真がすごくかわいくて大好きだったので、この子をベースにしようと決めました。
2005年6月に友達と一緒に名古屋のすみかに行き、フルチョイスをして、どういう風にメイクの指定をしたらいいのかわからなかったので、アドバイザーさんがすごく丁寧に教えてくださったのを今でも覚えています。
当時は本当に今みたいにパーツも少なくて、ウィッグもアドバイザーさんが「あんまり店頭に種類がないのと、せっかくですからフルチョイス限定カラーとお値段が高いウィッグ選ぶといいですよ!」と(笑)
女の子ですが、ロングのウィッグはぱっつん前髪のロングとスーパーロング、あと裾がカールしているのとサイドリボンで巻いているタイプくらいしかなかったのでうーん、と悩んでしまい、結局アドバイザーさんが教えてくれたように、ボーイズショート2にしました。
そして30日後(2005年の頃はフルチョイスの待ちが30日)、土砂降りの中で我が家にやってきました。
箱をあけてお顔を見てみると、すごくかわいい子が居てすごく嬉しかったです。
我が家の初めてのフルチョイスの女の子になりました。

名前の「シアン」は男の子の姿をしても女の子の姿でもどちらでも違和感がないように、というつもりでつけた名前です。それからずっとお出かけするときもほぼ一緒。お洋服もシアンの為にいろんなお洋服を作ったり、ディーラー活動をしはじめたりしました。
月日は過ぎて、やはり気になるのは黄変。
他の新しい子たちが来るとやはり黄変が気になってなかなか誰かと一緒に遊べなくなっていました。
でもすごく大切な女の子で、それまで女の子は大きな女の子以外はほとんどお迎えすることはなかったので、「シアンちゃんがウチからいなくなることなんて考えられない」とずっと避けていたものの、どうしてもこればかりは避けられないことで、ちょうど2013年頃は大きな男の子を連れて歩くことが多かったので、今なら里帰りに出しても大丈夫だろうか、と思い切って出すことにしました。
横浜で申込みして、ヘッドだけを預けて……というときに、すごく寂しくなってしまい、涙をこらえたのを覚えています。それから交換+里帰りで80日。70日過ぎくらいからそろそろかなぁ?とそわそわして、まだ来ないかなぁと店舗に確認したり……、やっと帰ってきたと連絡があったときは新幹線に飛び乗って迎えにいきました。
帰ってきたシアンちゃんは以前よりちょっとチークのメイクが薄くなったかな?と思ったのですがより理想のシアンちゃんで戻ってきてくれてうれしかったです。

とはいえど。
その頃に我が家に居るの子たちはみんなメイクが濃いめの子たちばかり。
並べるとあっさりメイクのシアンが逆に目立つ。これはこれで可愛いけど、どうしようかなぁと悩んでいた時に、由さんのメイクカスタムオーダーのお知らせがあったので、応募してみたところ当選しました。
誰をメイクするのかそれまでちゃんと伝えていなかったので、「シアンちゃん」と伝えるとちょっと驚いていましたが。
オーダーとしてはベースはあまり変えず、みきとことりと並べても違和感がないくらい。
ということでオーバーメイクをしてもらうことにしました。

そんなわけでメイクが変わって現在にいたります。
変わったことは、赤毛以外はあんまり似合わなくなりましたが、元々フルチョイスは赤毛のウィッグだったので原点回帰でいいかなーって満足しています。
我が家に居るミニの女の子はこれからもずっとこの子だけです。(33番の2人は一応男の子なので)

関連記事一覧