✴︎ドールの存在を知ったお話✴︎

✴︎ドールの存在を知ったお話✴︎

※お写真はGoogleからお借りしました。
長くなります。
興味のある方だけ読んでいただければ嬉しいです。

私がまだ球体関節人形を知らなかった頃のお話です。
球体関節人形を知る以前のお人形のイメージは、リカちゃん、バービー、日本人形、ビスクドール……と言う感じでした。

写真のお人形屋さん「人形屋佐吉」は、私が産まれる前から存在していたらしいです。
街中から少し外れた場所にあった不思議で異質な雰囲気のお店でした。
幼い頃から何度もお店の前を通ったのですが、いつもシャッターが降ろされており開店している所は見たことがありませんでした。
友人の間でもたまに、何の店??と話題に上がるほど謎に包まれたお店でした。

私が中学生になった頃、夜遅くに友人と遊んだ帰り1人で人形屋佐吉の前を通る事があったのですが、その日は人形屋佐吉に明かりが灯っていました。
冬でしたので雪が積もっていて、お店から漏れている暖色の光が雪に反射していて目立っていたのを覚えています。

珍しいな~と思い、好奇心でショーウィンドウを覗くとそこには お人形さんと素敵な小物が置かれていました。
そのお人形さんを見た瞬間、開いた口が塞がらなかったです。
私が今まで見たきた人形で、こんなに綺麗なお人形は見たことがなかったからです。

2分ほど釘付けになって見ていましたが結局、お店には入れませんでした。
特別な理由は無く、ただ子供が入っては行けない感じがしたからです。(超高い骨董品店さんみたいな感覚でした)

その日は、夜遅くに家庭教師の先生が来る日だったので足はやに帰宅しました。
授業中もずっとあの綺麗なお人形の事で頭がいっぱいでした。
先生が帰った瞬間、自分のパソコンでさっき見たお人形の事について検索しました。

「人形 綺麗」とかで検索した時に、あのお人形が創作人形である事と同時にめちゃくちゃ高い人形だと言う事を理解しました。
そして、関連画像の中に球体関節人形を見つけました。

球体関節人形の存在を初めて知った時の衝撃は半端なかったです。

そこから、色々調べたりしていく中で「○ークス」「レジ〇ンドドール」「ローゼンメイデン」などを知りました。
※当時はまだD〇LKがなかった時代でした。

そこから毎日、〇ークスやレジ〇ンドドールのホームページを見に行ってニヤニヤしていました。
ガラケーの待ち受けにしたり……
授業中も、あのドールがうちに来たら……なんて妄想をしたり……。

当時、欲しいお人形がフルセットで3万円(送料別)だったのですが中学生にそんな財力もなく……
でも諦めきれないので、なんとか買えそうな範囲内の子を血眼で探していたらイスルと言うブランドがあり、8000円ほどで購入しました。

そこから、徐々にドールが増えていきました。

ちなみにあれから何度も人形屋佐吉を見に行きましたが開店している所は見れませんでした。
それから暫くして、お店は無くなってしまいました。(店主の方がご高齢の為らしいです)

ドールを知るきっかけをくれた人形屋佐吉さんには感謝しています。

長々とすみません。
最後まで読んでくださりありがとうございました!!

関連記事一覧