天使の里2020

天使の里2020

天使の里へ…

ドールにハマり、Noaをお迎え、Vanをフルチョイスしてお迎え待ちしている時。

ボークスさんのホームページやSNSを見ていると、今まで通っていた天使のすみかと天使の里との違いがかなりわかるようになりました。

そして、里限定ヘッドに興味を持ちました。

京都にはほとんど毎年旅行へ行っていましたが、ドールにハマってから、京都という場所がいかに素晴らしいかを再び思い知りました。

そして、2020年の秋、初めて天使の里にお邪魔することにしました。

TanyaとResameフルチョイス

2020年11月1日。

紅葉が色付き、少し肌寒い快晴の日。
車で天使の里まで行きました。

天使の里にはNoaを連れて行きました。
ボークスのローズベロアドレスを着せて、私もお揃いの服を着て行きました。

入館した時のイメージは、美術館、と言った感じでした。思ったより広く、庭園もとても綺麗でした。

この日はSDMとSD、2人をフルチョイスする予定で、前々から決めていたヘッドとボディを確認しました。
この日オーダーしたのは、TanyaとResameです。

初めはフルチョイスオーダー。
父と母、家族3人で来たのですが、フルチョイスルームには私とNoaしか入れませんでした。天使のすみかとの違いを実感。全てのヘッドパーツが揃った姿はとても圧巻でした。
そして、Noaちゃんと一緒にフルチョイスルームに入りました。
フルチョイス自体は2回目です。
決めていたヘッドを伝え、SDMからフルチョイスをはじめました。
フルチョイスしている時の店員さんとのお話しがとても楽しかった印象が残っています。
SDサイズの子もチョイスをしました。

11時半にフルチョイスを初め、全て終わったのは午後2時近かったです。オーダーカタログを見る機会は本当に少ないので、かなり長い間悩んでいた気がします。里限定のパーツなど悩んだ末に追加注文も盛りだくさんにしました。

天使の里 館内

フルチョイスを終えたあと、Noaを連れて写真撮影をしながらを館内を巡りました。

4階の展望室は眺めもよく写真撮影も出来ました。
3階は写真スポットとワンオフモデルの展示室です。当時、ワンオフモデルのことはあまりよく知らず、里で知ったと言っても過言ではないくらいでした。
素敵なメイクとお洋服を着たドールに圧倒されたのを覚えています。
2階は歴代のドール達が沢山並んでいて、とても感動しました。どの子も違った可愛さがあり、ずっと見ていられそうでした。
1階では、ドールオーナーさん達が撮影会やお話をしていたのですが、私はコミュ障すぎてあまり見られませんでした。まだまだオーナー歴は浅いので交流などは先の話ですね…

地下1階はフルチョイスルームとコーディネートモデル、ショップもあり、天使の里はとてもボリューム満点でした。

この時は一眼の使い方も分からず、ドールオーナー歴も2ヶ月程の人間だったので、終始ドキドキしていて、本当に夢の中にいるような気分でした。

天使の里には1年に1度以上は通うようになりそうな予感がしました。

関連記事一覧