フウ
03_海外ドール

フウ

  • 14
  • 0

元・4歳。

20年くらい前に飢餓で一家全員死亡し、地元で小さなニュースになった。秋穂は図書館で偶然その新聞を見たことがある。
2つ年下の妹と母親と3人で暮らしていたが、先に母親が死亡。動かない母親が死んだことを理解できないまま、魂だけ手をつないで外へ出て行った。
その後、色々な魂やこの世のものでない諸々のエネルギーを取り込むうちに、妹とともに今の姿になり、森にたどり着いた。
しかし妹は取り込んだエネルギーの性質のために好む環境が異なっており、森から去った。

現在の姿では、口をきくことはできるが、黒々とした大きなギザギザの口が開いてしまうため、何度も人間に逃げられてしまっている。
チャンネルの合う限られた人だけがテレパシーで会話することができる。夏はそのひとり。
どちらかというと涼しい環境が好きで、夏はとろけている。

時を経て知識や人生観など多少は進歩したが、元々の魂が4歳のため、言動は夏と同じくらいである。

Island Doll Xun / 2020年お迎え(DOLK)

投稿者

yune
yune